調布市立国領小学校

ホーム > 学校経営 > 教育目標

教育目標

(1) 学校の教育目標                                                        

 人権尊重の精神を基調とし,心身ともに健康で創造性に富み,社会の変化に主体的に対応できる

人間の育成を目指して,次の教育目標を設定する。                                                                              

◎ 仲良くする子(自他を大切にする子ども)「思いやり」【人間関係形成能力】

○ 元気な子  (自ら心と体を鍛える子ども)「挑戦」【自己指導能力】

○ よく考える子(自ら考え,表現する子ども)「創造性」【問題解決能力】 

                                                            

 (2) 学校の教育目標を達成するための基本方針

 ア 仲良くする子【人間関係形成能力】を育成するために

①特別の教科 道徳を充実させ,児童に思いやりの心や規範意識を育み,互いの違いを認め合い,自他を尊重することのできる「豊かな心の育成」を図る。

②特別活動において,集団や社会における生活や人間関係をよりよく形成しようとする児童を育成する。

③児童一人一人の教育的ニーズに応じたきめ細やかな対応を行うことで, 個に応じた支援及び指導の充実を図り,児童の「自己肯定感」や「人間関係形成能力」を高める。

イ 元気な子【自己指導能力】を育成するために

①体育科や保健の指導方法を工夫し,児童が運動に親しむようにするとともに,健康の保持増進と体力の向上を目指す中で目標達成に向かって最後までねばり強く取り組む態度を養う。

②オリンピック・パラリンピック教育等を通じて全ての児童に運動の楽しさを味わわせる。

③「安心・安全な学校づくり」を推進するために,生活指導を充実させ,児童に「自己指導能力」や「危険を予測し回避する能力」,「他者や社会に貢献できる資質や能力」を養う。

ウ よく考える子【問題解決能力】を育成するために

①各教科等において,「対話」を取り入れながら協働して問題解決を図る学習形態を確立する。

②体験的な学びを通して主体的に学習に取り組む態度を養い,創造的な発想力や表現力を育む。

③読書活動を充実させることで,児童の「言語能力」や「想像力」を高める。

エ 学校の教育目標の達成に向けた,その他の事項

①「国領小の子どもたちに育みたい価値」として,「礼儀」「挑戦」「思いやり」「折れない心」「責任」「創造性」「友情」「尊重」「笑顔」「正直」「信頼」「感謝」等を,月ごとに重点的に指導する。

②「社会に開かれた教育課程」を実現するために,カリキュラム・マネジメントによる学校評価のPDCAサイクルを確立し,教科横断的な視点から教育活動の改善を図る。また,地域学校協働本部の事業を充実させ,学校と家庭,地域による「協働の学校づくり」を推進する。

③幼保小連携,小中連携を図ることで,児童理解を更に深め,教育効果を高める。