調布市立北ノ台小学校

ホーム > 学校生活の様子 > 5年生算数科研究授業~学びの積み重ね~

5年生算数科研究授業~学びの積み重ね~

2018年1月31日

北ノ台小学校では,「思考力・表現力を高める指導法の工夫~算数的活動の充実を通して~」をテーマに校内研究を1年間実施しました。今回は,5年生の「三角形や四角形の面積」の単元で「台形の面積を求め方」を考える授業でした。これまでに学んだ面積の求め方を生かして,みんなで考えを出し合いました。

  「この台形の面積は?」と児童に問いかけると,

 「16㎠!」 答えが1つで完結してしまいます。しかし,・・・。

 「この台形の面積の求め方は?」と問いかけると,

 「2倍にして平行四辺形にすれば面積が求められます。」

 「切れば,三角形が見えてきます。」

 

 「切って移動させれば,平行四辺形です。」

 

 多様な考えが出て学び合いが生まれます。こうした授業を北ノ台小学校の算数科では目指してきました。

 授業中も,一生懸命に自分の考えを説明しようとし,友達の考えを理解しようとする児童の姿が見られました。